スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版木の彫り自体を作品とする紅彫画。その美を見出した作家を惹付けてやまぬ近江とは。

< 出自:京都新聞 コラム「梵語」 2010年01月13日(水) >
本文のあらすじ
  • 「紅彫画(べにぼりえ)」とは何か。何をきっかけとして生まれた手法か。その説明。
  • 作家は近江の風情を好み春夏秋冬を板に刻み続けている。
  • 作品の紹介。展示場およびその作品について。
  • これほど近江に惹かれるのはなぜか、作品制作を通じて追求しつつ多くの人に伝えたいと語る。
参照先1: コラム「梵語」(魚拓)
参照先2: 京都新聞(新聞社サイト)

< 以下、魚拓による引用 >

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑記締人

Author:雑記締人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。