スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公の意識が欠けた若者。だが我々の文化で育った者達だ。簡単に片の付く問題ではない。

< 出自:宮崎日日新聞 コラム「くろしお」 2010年02月16日(火) >
本文のあらすじ
  • カルチャーショックとは異文化との接触の衝撃を示す言葉だった。だが今異文化は足下に。
  • 朝青龍引退問題は相撲の伝統と格闘技の精神のせめぎ合い。伝統は保持されたものの問題が残る。
  • バンクーバー五輪の国母選手の服装が批判される。仲間うちの手法が公の場で通用するという感覚。
  • 「私」のみで「公」の意識を著しく欠く若者。内部で育った時代の落とし子。引退で片付く問題ではない。
参照先: 宮崎日日新聞(新聞社サイト)

< 以下、kwoutによる引用 >
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?blogid=5&catid=14

くろしお - miyanichi e press via kwout

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑記締人

Author:雑記締人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。