スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車いすアーチェリー大会が起源のパラリンピック。健常者と競える高レベル選手を輩出。

< 出自:山梨日日新聞 コラム「風林火山」 2010年03月12日(金) >
本文のあらすじ
  • 1948年ロンドン五輪開会式と同日、車いす患者のアーチェリー大会が開催された。出場者は16人。
  • 「将来、障害のある選手のための、五輪と同等な大会に」 60年経ち44カ国500人の選手が集う。
  • カナダのブライアン・マッキーバー選手は障害者にも関わらず健常者と競い、五輪切符を手にした。
  • 60年前の小さな競技はパラリンピックとして成長。競技水準で五輪と同等の選手が現れるまでに。
参照先: 山梨日日新聞(新聞社サイト)

< 以下、kwoutによる引用 >
http://www.sannichi.co.jp/column/

「風林火山」 戦後まもない1948年に開かれたロンド・・・ via kwout

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑記締人

Author:雑記締人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。