スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真は映像と共に撮影者の心象をも含む。切り取られた瞬間と無言の対話をしたくなる。

< 出自:神戸新聞 コラム「正平調」 2010年03月19日(金) >
本文のあらすじ
  • 写真家アンリ・カルティエブレッソンは「決定的瞬間」という言葉で有名だが実は本人でなく編集者による言葉。
  • ブレッソンはイマージュという言葉を使用。「映像」「心象」という意味を持つ。本質をつかみたいと考えたよう。
  • 神戸写真家小林さんのモノクロ写真。阪神・淡路大震災の数ヶ月後。人の気配や動きがない。心象風景か。
  • 171年前の今日、カメラの原型が誕生。写真にはそのときの撮影者の心も宿る。無言の対話をしたくなる。
参照先: 神戸新聞(新聞社サイト)

< 以下、kwoutによる引用 >
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0002794485.shtml

神戸新聞|正平調|2010/03/19 via kwout

テーマ : 今日、気になったネタ
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雑記締人

Author:雑記締人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。